身バレに繋がるNG行為と防止策

チャットレディと身バレの関係

チャットレディという職業はまだまだ世間に広く認知されている職業ではありません。そのためチャットレディに対してあまり良くないイメージを抱いている人も多いのです。働く側はそういった負い目を感じることがあり、「この職業をしているのを周りに知られたくない」という人もたくさんいます。

基本的には自分で言わなければバレることはありません。しかし、極稀に「まさかそんなところからバレる?」という部分から個人情報が流出してしまう女の子も存在します。そういった部分から身バレに繋がらないように、自分で自分の身を守る必要があるのです。

また、お客さんの中には、「この女の子のプライベートな部分が知りたい」と考える、悪質な客さんも存在しています。

・住んでいる場所
・実際の年齢や名前
・職場

これらの情報を知ろうとしてくるお客さんも少なからず存在しているので、こういったお客さんには十分注意するようにしましょう。

チャットレディの身バレの原因になるNG行動

ではどういった行動が身バレに繋がってしまうのでしょうか?ここでは気をつけたい身バレに繋がる行動をいくつか紹介していきたいと思います。

一番、身バレに繋がってしまう行動は「顔を出す」という行動です。チャットレディは「顔を出してお客さんとお話するか、顔を出さないでお話するか」を自分で選べます。顔を出してしまうことで、リスクが高まってしまうので、身バレを防ぎたい人は絶対に顔を出さないようにしましょう。

また、「顔は出してないのに声だけでバレてしまった」という人もいます。特に声に特徴がある人は声から身バレに繋がりやすいので、「自分は特徴的な声をしてる」という自覚がある人は、普段と違う声や話し方で話してみるのがいいでしょう。

声を高くしてみたり、低くしてみたりするのも効果的です。また、普段方言を使っている人は、その方言を使わないことで、身バレのリスクを抑えられます。例えば、「普段、関西弁で話している人はできるだけ標準語で話すことを心掛ける」というのも、防止策の一つです。

身バレを防止するには、「いつもの自分と違う自分を演出する」ということが大事になってくるのです。そういった意味で、このお仕事は器用さも求められるお仕事だといえるでしょう。器用にやりくりして、個人情報を守れるように頑張ってみてください。

身バレ防止のためにさらに気をつけたいこと

「チャットレディとして働いているのを絶対に周りには知られたくない」
「彼氏にバレたら絶対別れられるから身バレだけは防ぎたい」
「自分のプライベートな部分だけは絶対に守りたい」

このように、「なんとしても身バレを防ぎたい」という人に向けて、さらに深く突っ込んだ防止策を紹介していきたいと思います。「どうしてもバレるのが嫌だ」という人はこの方法を実践してみてください。

チャットレディは自宅で働く「在宅型」と事務所に通って働く「勤務型」という、二つの働き方に分かれます。在宅型は自宅で働くことになるので、どうしても身バレのリスクが高くなってしまいがちです。

・映っちゃいけないものが映る
・外から聞こえてくる音から自宅が特定される
・自宅に宅配便が来て名前を読み上げられてしまう

在宅で働く際にはこれらのリスクが存在します。特に外の音というのは気をつけたいもので、「電車の音で住んでいる場所がわかる」こともありますし、「選挙の時期には選挙カーで住んでいるエリアがバレる」ということもあるのです。在宅型は気をつけなきゃダメなことがたくさんあるので、絶対に身バレをしたくない人は、勤務型の働き方を選択してください。

他には、自分を偽って架空の人物を演じるという対策法もあります。架空の人物を設定してその人になりきることで、自分という存在を隠しながら働くこともできるのです。これは意外と実践している女性が多く、効果的な身バレ防止策としても知られています。

「身バレを防ぐのは働く際に一番重要な事項」と考える人は、是非実践してみてください。対策一つで自分の身は自分で守れるので、これらの方法を使い自分で守るようにしましょう。

NG行為や防止策を投じて身バレしてしまうリスクを軽減してくれる代理店がチャットレディ求人・アリス<Alice>です。業界内でもトップクラスのセキュリティ対策で働く女性の安全性を保ちます。